ガンダム0083

一年戦争が終わってから約三年 

地球のコロニー落としの被害が大きかった

オーストラリア大陸のトリントン基地で

連邦軍が秘密裏に進めていた新型ガンダム開発計画に

よって開発された新型ガンダムがニ機の保管されていた

そこにジオン残党デラーズフリートが新型ガンダム開発計画をしり

アナベルガトー少佐らの部隊が基地に攻撃を仕掛け

その時に試作二号機が強奪されてしまった

それにより基地内にいた連邦軍のコウウラキ少尉が試作一号機に乗り

奪還作戦に参加を決意する事となった それから試作二号機を追跡して

地上で何度か戦闘をしてから争いの舞台は地上から宇宙に上がって行った

ウラキ達も宇宙に上がり追撃しようとした しかし

ジオン残党のシーマガラハウ率いるリリーマルレーンと戦闘となった

そこでは撃退できたが試作一号機が大破してしまった

そこで月のフォンブラウンに向かい一号機の改修をした

それから連邦軍艦隊によるソロモンでの艦開式があり

そこを狙われ二号機の戦術核が使われ連邦艦隊の多くが航行不能に

そこで一号機と二号機が対決し相打ちになり 

二号機追撃は終わりを迎えたと思ったがジオン軍の

大規模反抗作戦 星の屑 はまだ終わっておらず

ジオン残党デラーズフリートとシーマ艦隊によって

輸送中だったコロニーに攻撃が加えられた 

コロニーは奪われ コロニーは月に向かって進み始めた

それを待ち構えるため連邦軍は月に艦隊は集めて迎撃の準備を進めた

しかしコロニーは進路を変え地球に向かった

これに連邦艦隊は対応できず周辺空域にいていた

ウラキたちに白羽の矢がたった

コロニー落としを防ごうとしたが間に合わず落ちてしまった

星の屑が終わりジオン残党が脅威であることを知った

連邦軍上層部はジオン狩りの組織 ティターンズ を結成した

しかしこれも新たな争いの火種となった

0083についての思い

自分は0083は戦争がどのようなものかよく表現できていると思います

ガンダム作品の多くはニュータイプの若者が争いに巻き込まれ苦しみながらも

大人に成長するものですが0083は子供が出ていなくて

漢同士の争いでかっこいいものだと感じました

しかし最近の若者が好きそうな作品ではないと感じました

一年戦争とグリプス戦役を繋ぐ大切な作品なのでこれをなくして

宇宙世紀を話せないと思うような作品でした

MS戦闘だけでなくアナハイムという企業が宇宙世紀に

どれほど関わってくるかもわかるような作品で多くの面白さがありました

コメント

タイトルとURLをコピーしました